老化現象のメカニズム

老化とともに抜け毛が増えて、地肌が目立ってくると若々しく見られないと言うことがあります。

髪の毛が生える仕組み

髪が健康な女性髪の毛の生える仕組みを知っておくと、自分の中で今どの時期に入っているかがわかりますので、とても便利です。 髪は、成長期を経て退行期へ移行、その後休止期に入ります。これをどんどん繰り返しているわけです。基本的に髪の毛は毎日平均で100本ほど抜け落ちます。大人も子供も同じです。大量(手で握れるくらい)に抜けるのは何か問題が起きていると考えられますが、それ以下だったら何の問題もありません。

けたあと、コシのあるしっかりしたものが生えてきます。ただ強いストレスを受けていた時期があったり、食生活や生活習慣が悪い状態だったら、細くて弱い毛しか生えてきません。そちらの方が問題です。抜ける本数に対して生えてくる物が弱く細いものばかりだとしたら、髪全体が薄くなったという状態になります。それが続き、次第に新しい毛が生えてこなくなると、禿げるということになるのです。

頭皮のエイジングケア

頭皮のエイジングケアを間違えると、抜け毛の原因になってしまいますので注意しましょう。

発毛の段階がわかったら、成長期の段階でしっかり栄養を摂ること、ストレスをうまく解消して栄養分が頭皮まで届くようにすることなどが大切です。退行期・休止期に入ったら、髪の伸びが止まります。その時にスカルプケアをして次に備えます。仕組みさえわかっていれば、自分の髪を守れます。

若々しい見た目のためにも、早めに対策することを心がけましょう。

このページの先頭へ