老化現象のメカニズム

アンチエイジングを正しく行うためには、体内で日々起こり続けている「老化」の原因を正しく理解しておくのが、先決だと言えます。
老化の原因を理解した上で、日頃から予防を行うことが、エイジングケアを実践するために最重要だと言えます。

女性そもそも何故、老化が起きてしまうのかというと、細胞機能の低下やホルモンバランスの悪化などがありますが、主な原因として酸化(サビ)という現象があります。
皮をむいたリンゴを放置すると変色してしまう現象や金属製品が時間の経過とともに錆びてしまうのと同種の変化が体内でも起こり続けてしまいます。

私達人間は、活動するために酸素を取り込み、エネルギーの一種として活用するのですが、酸素の燃えカスとも言うべき活性酸素が、たんぱく質や脂質の酸化を進ませてしまい、細胞を傷つけてしまい老化を招いてしまいます。
抗酸化力の強い若いうちなら、酸化を予防するのに十分なのですが、加齢とともに抗酸化力が低下してしまい、活性酸素の酸化力が上回ってしまった結果、老化現象が起きてしまいます。

そのため、老化を予防するためには、日頃から抗酸化力を高めるような食生活や栄養素を補給することが、エイジングケアを行う上で最重要だと言えます。

このページの先頭へ